外部リンクへのクリックをイベントとして計測する

このブログの改善のために、外部サイトへのリンクが(特に各種技術記事から公式のドキュメントへ)どれだけクリックされているのか計測しようと思います。
それが、GoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクスの組みあわせでできるので設定していきます。

順番に設定していきます。

1. タグマネージャーのコンテナとワークスペースを選択。
2. 新しいタグを追加を選択し、タグに名前をつける。
3. タグの設定をクリック。
4. タグタイプは、 「Googleアナリティクス:ユニバーサル アナリティクス」を選択。
5. トラッキングタイプに「イベント」を選択し、以下の内容を入力。
カテゴリ: External link
アクション: {{Click URL}}
ラベル: {{Page Path}}
値: 1
非イタンラクション ヒット: 真
6. トリガーの追加を押し、トリガーの選択画面で右上の「+」を押す。
7. トリガーの設定で、クリックの下のリンクのみを選択。
8. 以下の内容設定
タグの配信を待つと妥当性をチェックは一旦無効のまま
一部のリンククリックを選択し、以下の二つを設定する
Click URL正規表現に一致 http.*
Click URL 含まない analytics-note.xyz
9. トリガーに名前をつける
10. 保存し、プレビューでテストして公開

しばらく経過を見てまた調整するかもしれませんが、一旦はこれで計測できる様になっているはずです。

Google タグマネージャー導入

タイトルの通り、このBlogでもGoogleタグマネージャーを使い始めました。
目的は主にGoogleアナリティクスでのイベント計測です。
多くの記事で参照している各種のドキュメントへのリンクや、画像へのアクセス状況を分析しより使いやすいサイトにしたいと思っています。

これまでは、GAは「Googleアナリティクス導入」の記事で書いた通り、
SEOのプラグインで設定していましたが、これがタグマネージャーによる管理に移行します。

以下、導入手順のメモです。

1. タグマネージャのサイトにアクセスし、Googleアカウントでログイン。
2. 「アカウントを作成するにはここをクリックしてください」 をクリック。
3. アカウント名(適当)、 国(日本)、コンテナ名(URLでも良いのですがサイト名にしました。)、ターゲットプラットフォーム(ウェブ)を入力。
4. 作成ボタンクリック。
5. 利用規約を読んで「はい」をクリック。
6. サイト内に貼り付ける様に指示されるコードを保存して「OK」で閉じる。 (GTM-******* と言うコードを後で使う。)

コンテナIDはタグマネージャーのホーム画面でいつでも確認できます。

次にこれをWordPressに設定します。
1. プラグインで Google Tag Manager を検索。
2. 今回はこちらをインストール。 Google Tag Manager
3. プラグインを有効化。
4. 「設定」「一般」の一番下に Google Tag Manager ID の設定ができているので、ここにコンテナIDを入力して保存。
(プラグインの設定ではないので注意。)

これでタグマネージャー自体の導入完了です。

次に、肝心のGoogleアナリティクスをタグマネージャーで設定します。

1. タグマネージャーの「ワークスペース」ページの「サマリー」を開く。
2. 「新しいタグ」 をクリック。
3. 「タグの設定」をクリックして「Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス」 を選択する。
4. 「トラッキングタイプ」に「ページビュー」を選択。
5. Googleアナリティクス設定で、トラッキングコードを入力。 (UA-*********-* 形式の値)
6. 変数名を入れて保存。(とりあえず、「分析ノートUA」にしました。)
7. トリガーの設定。 「All Pages ページビュー」を選択。
8. タグに名前(分析ノートページビュー)を設定して保存。

この段階ではまだ公開されていないので、テストしてから公開します。
1. ワークスペースに戻ってプレピューをクリック。
2. そのブラウザで、このブログにアクセスすると画面下に発火したタグが確認できる。
(分析ノートページビューがFiredになっている)
3. プレビューモードを終了
4. 「公開」ボタンをクリック。
5. バージョン名と説明を求められるので入力し、もう一度「公開」をクリック。

最後に、今回に限り重要なのが、すでに直接設定してたGoogleアナリティクスの設定を消すこと。
SEOプラグインに設定してたUAの値を消しました。これをしないとpvが二重カウントになります。

Googleアナリティクスでアクセスの増加量が大きいページを探す

2020年の5月4日ごろから、Googleの検索アルゴリズムのコアップデートが行われ、このブログの訪問者数にも大きな影響が出ています。
アップデートの前後3週間の、自然検索による流入数をグラフにしたのが下図です。
明らかに流入が増えていますね。

さて、もっと詳しく、具体的にどのページの流入が増えて、どのページの流入は減ったのか調べるため、方法を調べたので紹介します。
デフォルトだと、多い順になっており、逆順になれべても絶対値の少ない順になってしまって、変化量順にはならないですよね。

変化量でソートしたい場合は、「並べ替えの種類:」という項目を「変化量」に設定する必要があります。
これで、アクセスの増加が激しいページを特定できました。
この期間はゴールデンウィークなどの要因もあるので、変化量は注意しいてみないといけないのですが、
なんとなくテクニカルな記事が恩恵を受けてるように感じます。

Googleアナリティクスでアラート設定

このブログでもアクセスの分析のためにGoogleアナリティクスを使っています。
順調に訪問者数が増えているのですが、何百人/日といった節目の達成はやはり嬉しいので、
数ヶ月前から、達成したら通知が来るように設定しています。

そのために使っているのがカスタムアラート機能です。

ドキュメント: カスタム アラートの作成、管理

左ペインのカスタムの中にあるカスタムアラートから飛べます。(飛び先は管理の中なのでそちらからも遷移できます)

アラート名を設定し、
期間を 日/週/月から選択、
このアラートが発生したときにメールで通知する。 にチェックを入れてメアドを設定、
あとは適用するトラフィックの対象と、指標、閾値となる数値を入れて保存したら完成です。

このブログだと、全てのトラフィックで、ユーザー数などを見ているだけですが、
ページを絞った直帰率や新規セッション割合など、かなり多様な設定が可能です。

個人ブログであればアラートが上がるとモチベーションが上がるようなものをいくつか設定しておくと良いですし、
仕事で分析しているサイトであれば異常時の通知などのに使えると思います。

Googleアナリティクスで参照元ページのURLを調べる

このブログも200件以上の記事を書いてようやくオーガニックサーチからの訪問以外のランディング、
つまり他のサイトのリンクからの訪問が発生するようになりました。

Googleアナリティクスの [参照元 / メディア] で調べると、 teratail.com / referral からやってきている人がいます。
そこで、teratailのどこにこのブログへのリンクが貼られているのかきになるのですが、
このままではそれがわかりません。

具体的な参照元のURLを知るためには、セカンダリディメンションか、カスタムレポートを使います。
選択するディメンションは [完全なリファラー] です。(APIでは ga:fullReferrer)

これを指定すると、”メディアによっては” リンク元のURLがわかります。
結果、こちらのページに引用していただけてるのを見つけました。

cabochaのPythonバインディングがエラーとなる

ちなみに、Qiitaからも流入があるのですが、
完全なリファラーに表示されるURLもQiitaのトップページになってしまっていて、
こちらはどの記事からの訪問者なのかわかりませんでした。

オーガニックサーチについても検索エンジンのトップページのURLが表示されるので、
「完全な」とついている割には不完全な情報しか取れないようです。

Googleアナリティクスで、特定のページを訪れたセッションの数を見たい時の注意点

前の記事で、Googleアナリティクスのセッションの定義を紹介しました。
このブログはセッションあたりのpvが1.2くらいしかないのであまり気になりませんが、業務でサイトの分析をするときなど、
各ページを訪問したセッション数を知りたいことがあります。

例えば、
ページA -> ページB -> ページC
と遷移したユーザーと、
ページB -> ページD -> ページB
と遷移したユーザーがいた時に、ページBを訪問したセッションが2個だ、と数えたいケースです。

これを知るには、「ページ別訪問数」という指標をみる必要があります。
「セッション」ではないので、非常に間違えやすく、注意が必要です。

ちなみに「セッション」は、各ページでセッションが始まった時だけカウントされます。
上の例で言えばページAとページBはセッションが1です。

ヘルプではこの辺りを読むと参考になります。
アナリティクスの Google 広告クリック数、セッション数、ユーザー数、閲覧開始数、ページビュー数、ページ別訪問数の違い

もともと用意されている各レポートでは適切に使い分けられて表示されているのですが、
カスタムレポートなどを使うときは特に注意したいですね。

Googleアナリティクスにおけるセッションの数え方

セッションというのはWebサービスに対する一連のアクセスのことです。
ある人がこのサイトを訪れ、3ページ見て離脱していったらその3pvが1セッションとなります。

ただ、pvのような数え方が明確なものと違って、セッションを数えるには何を基準に離脱していったかを定義する必要があります。
Googleアナリティクスにおいてもセッション数は取得されているのですが、
それを正しく使うにはGoogleアナリティクスにおけるセッションの定義を知っておく必要があります。

その内容ですが、アナリティクスのヘルプの下記ページに書かれています。
アナリティクスでのウェブ セッションの算出方法

ようは次の3つの条件のどれかを満たすと、そのセッションは終わりと判断され、新しいセッションに移ります。

  • 30分間操作がない
  • 午前0時をまたぐ
  • 他サイトを経由してアクセスし直した

普段自分でクエリを書いてセッションを区別するときはユーザーのアクセスが30分途切れたら別セッション、
という条件だけで済ませていることが多いので2番目と3番目の条件をよく忘れてしまいます。
(そんなのは自分だけだと思いますが。)